ポルシェの車検 修理・整備は、外車修理専門のマリオット・マーキーズ

輸入車整備マリオットマーキーズ

輸入車専門整備

Marriot Marquis

ポルシェ修理事例の紹介

輸入車整備マリオットマーキーズサービス TOP > Q&A 修理事例 > ポルシェ修理事例

ポルシェ996  勝手にホーンが鳴る

ポルシェ修理 ホーンパット交換 ポルシェ修理 ホーンパット交換

996や993では定番となる、ホーン故障です。ホーンと言っても、本体ではなくステアリング側のパット不良です。ゴム製のパットが取り付けられていますが、ゴムが磨耗して?へたってきて?接点が触れてしまい、押してもいないのにホーンが鳴ってしまうのです。ホーンパットを交換して、解決!押した感覚もカチッとなり、走行中も鳴らなくなりました。

ポルシェ996  ドライブシャフトブーツ交換

ポルシェ修理 ドライブシャフトブーツ交換

車検点検中に見つかった、996のブーツ切れ。RRのポルシェは負荷のかかる箇所であり、特別症状がなくても定期的な点検・交換が必要です。交換時にグリスも全て入れ替えて、作業完了です。

ポルシェ ボクスター 水漏れ修理

ポルシェ修理 水漏れ修理 ポルシェ修理 水漏れ修理 ポルシェ修理 水漏れ修理

走行中に縁石に乗り上げ、右側のラジエータが破損してしまいました。交換すれば作業は完了ですが、車高が低い上に、左右に一個ずつラジエータが付いていますので、ボクスターにお乗りのお客様は要注意ですよ!今回は片側でよかったですね。

ポルシェ ボクスター ヘッドライト不点灯

ポルシェ修理 ヘッドライト修理 ポルシェ修理 ヘッドライト修理

車検で入庫の車輌ですが、入庫時からヘッドライト点灯せず。しかも左右、この車輌はHIDのため左右・同時にバルブやバラストが故障するのは考えにくいので、基本的な箇所からのチェックから始めます。ライトコントロールを点検し、スイッチ類やヘッドライトも点検。コントロールユニットにも不具合が見つかりましたが、直接の原因はライトスイッチでした。交換後は瞬時に点灯し、車検も無事通過しました。

ポルシェ996  エンジン不調

ポルシェ修理 エンジン不調

テスターでの診断と波形のチェックを行い、定期的にミスファイアしていることが分かりました。996では定番のイグニッションコイルで暗いところで見ているとリークしている様子が見えるほどでした。同時にプラグも交換して、ミスファイアが出ないことを確認して作業完了です。

ポルシェ カイエン  ドアミラー不良

ポルシェ修理 ドアミラー不良 ポルシェ修理 ハーネスの点検と信号ラインの点検

ミラーガラスは作動するが、格納が出来ないと依頼です。まずはハーネスの点検と信号ラインの点検からスタートです。ハーネスOKスイッチOK!格納モーターまではちゃんと信号が来ていますのでモーター不良と断定、部品交換後作動を確認して作業完了です。

ポルシェ ボクスター  ブレーキ引きずり

ポルシェ ボクスター ブレーキ引きずり ボクスター修理 シールキットでOH

ブレーキを踏むとハンドルが取られたりするそうで入庫しました。早速ロードテスト後、リフトアップして点検です。しかし手ではタイヤが回らないほどロックしており、点検より分解が先行になりました。案の定ピストンの中は錆が有り、動きがスムーズではない状態でした。シールキットでOH開始!交換後はスムーズに回転するようになりました。

ポルシェ993  エンジン異音

ポルシェ修理 エンジン異音 シェラウドに当たっている状態 ポルシェ ファン修理

アイドリング時にカンカン音が鳴っていました。993には良くある故障で、ベアリングが駄目で回りのシェラウドに当たっている状態。真ん中の写真、ここがこすっている箇所です。この部分に当たるたびにカン♪カン♪カン♪と一定のリズムで音が鳴るんですね。最悪の場合、ファンがかけて冷却能力が落ちオーバーヒートしてしまいます。空冷エンジンはファンが命!異音のある方は早めの点検が必要です。

ポルシェ996  リアウィング異音

ポルシェ修理 ルーフスポイラーを開閉 ポルシェ修理 リアウィング異音

ルーフスポイラーを開閉すると、ぎぃぎぃぎぃと異音が発生!ずばり原因はモーターですが、構造が単純ですので交換ではなくオーバーホールで安く済ませ、ワイヤー類などを新品に交換しても静かな開閉になりました。交換だけが修理ではないですよ!

ポルシェ993  エンジンオイル漏れ修理

ポルシェ修理 リフトアップ点検 タイミングチェーンカバーからのオイル漏れ ポルシェ オイル漏れ 垂れたオイルがマフラーに

入庫したときからひどい状態で、お客様はオイルを足しながら走行していたそうです。早速リフトアップしてオイル漏れの箇所の点検です。993では左右のタペットカバーパッキンとタイミングチェーンカバーからのオイル漏れが定番ですが、今回はどうでしょうか?結果上記に述べた通り、定番箇所でした。作業するに当たり、Rバンパーとマフラー関係・ホースメントとかなり大掛かりな作業となります。外したパッキンは完全に硬化している状態でした。993の場合は垂れたオイルがマフラーに落ちますので早めの修理をお勧めします。

ポルシェ996  ルーフスポイラー不良

ポルシェ修理 ルーフ ポルシェ修理 ルーフスポイラー修理

ポルシェ996でリヤのスポイラーの片側だけ上がらない修理です。まずは作動チェックをして確認作業からです。このタイプは真ん中にモーターが取り付けられており、ワイヤーによりウイングを動かしています。左右のワイヤーの取り付け部が破損して作動しないことが分かりました。部品供給がなくAssyでは金額が掛かりますので、今回は破損箇所を修理して完了としました。 耐久性とか気になさる方は交換した方がいいと思います。

ポルシェ996  ターボがおかしい

ポルシェ修理 996ターボ ポルシェ修理 タービン廻り点検

996のターボです。以前と違い加速も悪く、エンジンもいまいち・・・ターボじゃないみたいと依頼を受けました。ロードテスト後、リフトアップして各タービン廻りとアクチュエーター類を点検、さらにエキマニを脱着して点検したところ、エキゾースト側のインペラーが破損しておりました、これでは加給も掛かる分けなく遅くて当然です。今回はタービンをオーバーホールして組み込み、購入時以上の加速が戻りお客様にも満足をしてもらえました。

ポルシェ996  鍵を抜いてもアクセサリーがOFFにならない

ポルシェ キーシリンダー 996初期では定番の故障 ポルシェ キーシリンダー交換

キーシリンダをOFFにして、エンジン停止、しかしアクセサリーが切れません!!当然このままでは、バッテリーも上がってしまいます。996初期では定番の故障であり、基本的には内部の構成が二分割になっており、単品供給が有りません。よってキーシリンダそっくりの交換になります。でもこのままでは鍵が2種類になってしまいます。何とかならないものでしょうかポルシェさん!

ポルシェ928 S4  オーバーヒート

ポルシェ ファン

早速、点検開始です!水漏れチェックから始まり、冷却水の量、サーモスタット、ラジエータのチェック・ウォーターポンプのチェック!全く異常なし、色々調べていった所、今回入庫の928は並行車!冷却システムが日本仕様とは違い、ファンのプーリー径が小さく同じ回転数では正規の冷却効果は得られず、日本では水温が上がってしまう事が判明しました。今回、日本仕様のプーリーとファンを交換して作業完了です。

ポルシェ修理事例の紹介 板金塗装

ポルシェ987ボクスター  フロント廻り修理

フロント廻り修理

高速道路走行中、角材が落ちていたところに乗り上げてしまいました。フロントバンパーが持ち上がり、右フロント部のラジエータ・ファンにも損傷を受け、冷却水漏れに。もちろんアンダーカバーも損傷を受けてしまいました。更に、バンパーが持ち上がった影響により右ヘッドライトに傷が入ってしまいました。
フードは板金、その他のパーツに関しては交換となってしまいました。

ポルシェ944  フロントバンパー修理

ポルシェ944 フロントバンパー修理 ポルシェ944 フロントバンパー修理

壁に接触のポルシェです。塗膜が薄い・・・?下地に問題が・・・?それとも年式によるもの・・・?とにかく塗膜がキレイに剥げている状態でした。このような場合、部分塗装ではうまくいきませんので、バンパーを一本塗り直します。他の箇所の色とあまり差が出ない様に塗るのが腕の見せ所です!仕上がり・・・完璧と褒められました。

ポルシェ993  板金塗装

ポルシェ フロントバンパー ポルシェ リアバンパー ポルシェ993 板金塗装

ポルシェ993です。こだわりの一台ですので、細かい傷も見逃しません!フロントバンパー、リアバンパーに小さい傷あり。 板金塗装で綺麗になりました。

ポルシェ930  板金塗装

ポルシェ930 白 板金修理 ポルシェ 右リアクオーター部の板金塗装 板金塗装仕上げ

930型の白のポルシェです。とてもお車を大事にされているお客様です。部品交換よりも、オリジナル性を重視した、板金修理をご希望されました。右リアクオーター部の板金塗装です。 交換は簡単ですが、板金塗装は高い技術を要します。お客様にも満足していただける、クオリティの高い仕上がりとなりました。

ポルシェカイエン  板金塗装

カイエンのリアゲートへこみ修理

ポルシェカイエンです。リアゲートをバック時にぶつけてしまいました。SUV系は後ろが見えにくい時があります。この凹みはかなり大きく、デントでは修理がむずかしいため板金塗装にて対応いたしました。こちらのお客様は、今回の修理のときに、一緒にバックカメラの装着もご依頼いただきました!

ポルシェ928  板金修理

ポルシェ928 バック リアバンパーに凹みを板金修理

ポルシェ928、リアバンパーに凹みがありました。こちらは板金修理にて対応させていただきました。

ポルシェ996  フロントバンパー交換

ポルシェ996型 擦りキズ

996型のポルシェです。駐車場のブロックに気付かず、フロントバンパーを擦りつけてしまいました。今回は、ご自分のご加入されている保険対応にてご修理をご希望でしたので、フロントバンパーを1本交換いたしました。ポルシェともなりますと、部品代も安くはありません。ぜひ、一般車両での保険ご加入をおすすめします。マーキーズでは、損保ジャパンの保険代理業務も扱っておりますので、お気軽にご相談ください。万が一の事故のときは、修理から保険交渉まですべて対応させていただきます。


ドイツ車

スウェーデン車

arrow

ドイツ車

韓国車

arrow

ドイツ車

南アフリカ車

arrow


輸入車整備お問い合わせフォーム

【ご連絡先】必須は必須記入項目です
お名前
ふりがな
電話番号
お住まいの地域
メールアドレス

※ご返信先となります。

【お車について】
メーカー名
車種名・グレード
年式(初度登録)
型式
車台番号
車検満了日

(例 年1月1日)

【お問い合わせ内容】
車検・点検・修理をご希望の方
走行距離
Km
輸入形態
【板金修理・塗装希望の方】
ご希望の修理内容
【その他・ご希望の方】
ご希望のメニュー



【自動車保険見積もり希望の方】

※別途問合せフォームにてお問い合わせ下さい。

【お車の状況詳細・自動車販売等】
その他ご希望があればご記入下さい。

関連リンク