輸入車(外車)の車検 修理・整備は、外車修理専門のマリオット・マーキーズ

輸入車整備マリオットマーキーズ

輸入車専門整備

Marriot Marquis

メルセデスベンツ・AMG 修理事例

輸入車整備マリオットマーキーズサービス TOP > Q&A 修理事例 > ベンツ修理事例

メルセデスベンツW220 オイルレベル低下点灯

W220 オイルレベル低下点灯

まずはSSTで実際のオイルの量を点検します。ここで!最近のベンツはオイルゲージが有りませんのであしからず-。さて!オイルの量は適量は入っております。次にDASによるテスター診断!実測値をチェックすると数値が少ない?これはオイルの温度と油量を計測しているセンサーの異常です。交換後は温度も量も適正になり、作業完了です。

メルセデスベンツCLS エアサス警告灯点灯

cls エアサス警告灯点灯 clsクラス エアー抜け

入庫したときは、左前に傾いている状態で、スイッチを操作しても作動しない状態でした。一度テスターでリセットを行い、作動させると、フロントのショックからぴゅーぴゅーとエアーが抜ける音がしています。漏れている箇所を点検して、修理か交換化を決定。今回は本体からの漏れでしたのでAssy交換となりました。テスターでセットアップして作業完了です。

メルセデスベンツW211 A/C効かず

ベンツw211 エアコン修理

早速、DASにてテスターチェック!故障コードの入力は有りませんので実測値の点検、テスター上では問題が見当たりません、基本に戻り各部を点検した結果フューエルポンプの不良がわかりました。同時交換でリレーも交換して、ロードテスト後作業完了です。

メルセデスベンツ V280 エンジン不調と異音

ベンツv280 エンジン不調

まずはテスター診断から開始です、故障メモリーは入っていませんでした。各システムを点検するも異常が見あたらず、疑いはエンジン本体に、異音もエンジンからしていますのでますます怪しい?色々分解した結果、タイミングチェーンのスライダーが破損しており異音とタイミングのずれを引き起こしていました。交換後は静かで調子の良いエンジンに戻りました。

メルセデスベンツ W220 サイドブレーキ不良

サイドブレーキ不良修理 ベンツw220 サイドブレーキ

サイドブレーキを引いても車が止まらず動いてしまう依頼です。ワイヤー等を確認後、Rディスクローターを脱着してサイドブレーキシューを点検!ここで原因を発見しました。 サイドシューが半分なくなっておりドラム内に接触していない状態でした。リーディング・トレーディング側共に交換して、バッチリ利くサイドブレーキになりました。

メルセデスベンツ S600 アクセルを吹かすと異音

ベンツs600 異音

まずは、現車にて異音の確認です。音の感じですがウィーン!ウィーンと唸るような音がしています。車をリフトアップして各部の点検、異音の箇所を特定していきます。異音の原因は、ABC付車両に取り付けられているABCオイルの脈動を吸収する、アキュームレーターが原因でした。交換後はとても静かになり、車体に伝わる振動もなくなりました。

メルセデスベンツ V280 オイル漏れ

v280 オイル漏れ

まずは下回りの洗浄を行いエンジンを始動させながら、漏れてくる箇所を探します。今回はオイルパンが熱で変形して、漏れてきていましたのでAssy交換で作業完了です。

メルセデスベンツ W203 SRS警告灯点灯

w203 SRS警告灯点灯

メーターファンクション内にSRSの警告灯が表示される状態です。着座センサーかなと診断を始めたところ、DASによるファール表示はSRSコントロールユニット不良/交換が必要です!実際に何度通信を行っても通信できず、新品に交換後、バリエーションコードを入力して起動、実測値を確認して作業完了です。

メルセデスベンツ R129 フロントバンパー修理

R129 フロントバンパー修理 ベンツ R129

お客様が段差でヒットしてしまい、フロント右側が外れてしまいました。早速バンパーを脱着して内部の損傷を確認します。ボディに固定するステーが割れて紛失しており、このままでは取り付けることが出来ない状態です。しかも無くなったステーは単品では部品供給がなく、バンパーAssyの注文となります。お客様は、どうしても今の走りこんだバンパーを気に入っており、交換する気は有りません。ステー1個の為にバンパーを購入してまで修理する愛車精神に感動いたしました。

メルセデスベンツ ビアノ オート変速不良&チェックエンジン点灯

早速DASテスターにて診断です!故障メモリーは、PPWソレノイドバルブ不良。では実測値での点検です。点検を進めて行くと、A/T本体に入る配線の部分があるのですが、そこの配線の一本が断線している?早速リフトアップして点検です。真ん中画像、右上の穴が配線の通る部分で、外から入り中のバルブボディ側とつながるのですが、バルブボディ側のカプラー部が回ってしまい基盤がねじれて断裂していました!どうやら以前オイル漏れで別工場に修理依頼した際に、液体パッキンで修理されていた模様…?ちぎれた銅版を修理し、バルブボディを組み直し、完了です。

ベンツ ビアノ 故障ビアノ エンジン点灯viano オート変速不良 チェックエンジン点灯

メルセデスベンツ W140 オーバーヒート

ベンツw140 オーバーヒート w140キャリアカーで搬入

エンジンオーバーヒートでキャリアカーによる搬入です。早速エンジンのコンプレッションを測り(圧縮)エンジンのダメージをチェックします。 あいにく4番6番が抜けており、ヘッドガスケット交換と最悪はヘッド交換になってしまいます。脱着後、歪みをチェックしたら、やはりシリンダーヘッドも熱で歪んでおりました。今回はぎりぎり研磨でいけそうですので、研磨後、各部を清掃/調整して組み付けて完成です。原因はサーモスタットでした。

メルセデスベンツ W210 オイル漏れ

ベンツw210 オイル漏れ w210 リフトアップで下回りの点検

リフトアップして、下回りの点検です、ところが全くオイルが漏れてきません。症状が確認できない為に一度返車、ところがやっぱり駐車場にオイルの跡が残ると依頼を受け再度点検です、お客様の話を聞き、具体的に垂れる位置を特定し待つこと1日、漏れてきました、A/Cの水抜きパイプから、オイルはオイルでもコンプレッサーのオイルのようです。この場合はA/Cのエバポレータが漏れている可能性が高いので、早速点検の為に、ダッシュパネル等、脱着作業です。思ったとおり、原因はエバポレータで交換するのに少し大変な作業になってしまいました。

メルセデスベンツ W638 ルームミラーが…

ベンツw638 ルームミラー修理

こちらは、お客様が室内でルームミラーに接触した際に起こった症状です。通常W638の場合はボンドでフロントガラスに取り付けられておりますが、今回は外れた際に、ガラスごと取れてしまった最悪のパターンです。こうなると新品のガラス交換が必要になります。

メルセデスベンツ W638 A/C風が出たり出なかったり

ベンツw638 配線確認

ブロアモーター修理 まずは、現車にて症状の確認、風量のダイアルは1~4まで有り、どこにしても反応無し!この時点で、疑いはレジスターからブロアモーターへ、早速、単体点検と配線の確認をしてモーター不良を断定、部品を交換して正常な作動を確認して作業完了。

メルセデスベンツ W203 イグニッションONで室内より異音

ベンツW203修理 フラップモーターギヤ w203 室内で異音

早速室内での異音確認です。キーをONにするとパキン・パキンと異音が発生!これは、A/Cのフラップモーターのギヤが破損するとこの様な状態になります。エンジン始動時にモーターが位置を確認する為で、一定時間経過すると音はしなくなります。しかし時間を置いてエンジンを始動するとまたしても・・・・・交換作業は、ダッシュパネルを脱着しないと交換できません。部品代よりも工賃の方が高くなってしまう故障です。

メルセデスベンツ W203 エンジン不動

ベンツw203 エンジン不動

走行中に突然エンジンストール!キャリアーによる搬入です。早速DASによるテスター診断です。まず、MEのコントロールユニットに通信できません。実測値で各部の電圧状態及び回路、リレー全てをチェックしてたどり着いたのがメインコントロールユニット!テスターでは判断できませんので基盤のチェックをしたところ、焼けていました。これで原因は確定です。しかし何故焼けたのかが分かりませんので、新品に交換してからの診断となります。交換するのがまた怖いんですよね。

メルセデスベンツ W140 ベルト鳴き

w140 ウォーターポンプ ベンツ修理 ベアリング

早速、現車にてロードテスト。しばらくは調子が良かったのですが、突然凄い音が発生!ベルト鳴きと言うよりも、スリップ音?急いで工場に戻り、ファンベルトを交換して、各プーリーを手で回して確認です。・・・回らない箇所発見!!原因はウォーターポンプ、完全に軸のベアリングがロックしています。今回はサーモスタットも同時交換して作業完了!静かなエンジンになりました。

メルセデスベンツ W220 キーレスが効かず、ドアが開閉できない

W220 コントロールユニット

S320のセントラルロッキング不良修理です。
DASにてテスター診断、ニューマチックコントロールユニットのエラーが入っておりました。実測値をチェックしながら、診断していきコントロールユニットの良否判定をします。CAN通信が出来ておりません。部品を交換して各コントロールユニットが通信できているかを確認し作業終了。

メルセデスベンツ W220 オイル漏れ

W220 オイル漏れ ベンツW220 オイルクーラー交換修理 S600前期、エンジンオイル漏れの故障です。
リフトアップし下から覗いていると、トランスミッションの上辺りからオイルが垂れてきます。この場合100%の確立で、オイルクーラーからのオイル漏れです、まずはサービスカバーを外し車両の点検です。オイル漏れが確認で着たら、左右のシリンダーヘッドを下ろし、オイルクーラーを交換します。左右のシリンダーに挟まれているために作業的には大変な作業になります。S600は熱の発生がすさまじくオイルクーラーが歪んでしまうほどです。熱の影響で歪んでしまい、オイル漏れを発生させる訳です。新品に交換しオイルを補充、オイルが漏れていないことを確認して作業完了です。

メルセデスベンツ W202 加速が思うように出ず

W202 ラムダセンサー c230 チェックエンジン

C230、エンジン不調の修理です。
アイドリング時、加速時すべてにおいて調子が悪い状態、DASにてテスター診断です。まずエアマスセンサーの数値が異常におかしい?エンジンシステムの点検もし、各センサーからの信号がめちゃくちゃです。こうなるとたいていはメインハーネスのショートにより、コントロールユニットも故障している可能性大です。ショートしているハーネスを交換し、再度テスター診断です。エアマスセンサーの数値は異常ですが他は安定しています、センサーを交換して初期学習させ作業完了。

メルセデスベンツ W638 エアサス警告灯の点灯

V230、エアサスの警告灯点灯とスイッチで解除できない故障です。まずはDASにてテスター診断、案の定エアサスタイムエラー入力有りこれは必要以上にポンプが作動して、コントロールユニットが強制的に電源をカットしている状態です。故障メモリをリセットしてポンプを作動させます。耳をすますと、シューと音が聞こえます、間違いなくエアー漏れを起こしています。今回はソレノイドバルブを交換して完治しましたが、Vクラスは他からも漏るケースが多々有り一式スプリング方式に交換するのをお勧めします。

ベンツw638 DASテスター診断 ベンツv230 エアサス警告灯点灯 vクラス エアー漏れ

メルセデスベンツ W220 パーキングからのシフトが抜けず

w220 シフトゲート修理ベンツ DASにテスター診断

S500、シフトが抜けない故障です。DASにテスター診断、シフトゲートのコントロールユニットに通信できません。この時点で、シフトゲートの不良ですが、パーキングから抜けないと言うことは車がまったく動かせない状態です。センターコンソールを分解し、強制的にシフトをドライブ状態にして車両を移動させなければなりません。シフトが入りにくくなったなと思ったら早めの交換がいいですね、コントロールユニットを交換しバリエーションコード入力、実測値にて通信できていることを確認して作業完了です。

メルセデスベンツ W220 走行中の異音

ベンツW220 足回り修理

S320、走行中又は段差でゴトゴト音、ギィーギィー音が出る、足回り異音の修理です。リフトアップをしてブッシュ類の点検です。まずロアアームブッシュの抜け、ナックルボールジョイントのブーツ破れ、ラジアスアームの亀裂、交換すれば修理完了ですが、ロアアームがサブフレームに干渉しておりサブフレームも交換になりました。早い段階で点検をしていれば、フレーム交換までは必要なかったと思います。またアーム類の交換もタイヤが地面に接地している状態で交換しないと駄目ですよ!他社様で交換されて走りがおかしくなった場合、このケースが多いです。マニュアルは守りましょう。

メルセデスベンツ・AMG 修理事例 板金塗装

メルセデスベンツ Sクラス修理

w220 リヤバンパー修理 w220 リヤバンパー修理

またまた車庫入れ時に接触!PTSは中に落ちてしまい、警告音が鳴りっぱなしの状態に、今回はダメージが少ないので、各所板金とPTSは今後のトラブルを考えて交換しました。良くあるんですよ!修理後何ヶ月か経って故障する事が・・・だから新品に交換です。

メルセデスベンツ Cクラス修理

w202 ドアとクォーターパネルとリヤバンパー修理

コインパーキングに駐車する際に壁側の所しか空車が無く前の道が狭かったので慎重に行なっていたのですがちょっとした気の緩みから壁に接触。テールランプは割れてしまいバンパーのモール、メッキモールの角が折れてしまい、モール類、テールランプは交換。バンパーは板金にて修理させて頂きました。

メルセデスベンツ Vクラス修理

vクラス ドアとクォーターパネルとリヤバンパー修理 vクラス ドアとクォーターパネルとリヤバンパー修理 vクラス ドア修理

交差点での接触事故になります、損傷はフロントドア、スライドドア・リヤクォーターパネルにリヤバンパーです。見た目は結構破損しておりますが、実際はたいした事有りません!しかし問題が・・・部品が日本に無いのが多く困りました。外板はそれなりに有りますが内装の部品が全然ない!なんと納車までに3ヶ月・・・・大変お待たせしました。

メルセデスベンツ Sクラス修理

w221 フロント廻り修理 w221 フロント廻り修理

都内を走行中に前のタクシーが急ブレーキ!慌ててブレーキを踏み込むが間に合わずタクシーの後に追突。フロントバンパーは割れてしまいボンネットまで曲がってしまいました。ですが被害は外側だけで済み、リーンホースメントや内部パーツには影響はありませんでした。フロントバンパー、グリル、ボンネットの交換で済みました!

メルセデスベンツ Bクラス修理

bクラス ドアとクォーターパネル修理 bクラス ドアとクォーターパネル修理

出会いがしらの接触事故です、右のドアとクォーターパネルの修復です。実際はもっと複雑に凹んでいるので交換ですが、部品が国内及び本国にも・・・無い・・・。。。仕方が有りません!技術を集結して復元です!-仕上がり?お客様の言葉をお借りすると・・・パーフェクト!

メルセデスベンツ S55修理

w220 S55 フロントバンパー修理 w220 S55 フェンダー修理 w220 S55 リヤバンパー修理

ハンドルを切りそこなって・・・・バンパーは割れてしまい、フェンダーはボコボコに、板金で出来ない事もないですが、完成度を考えてフェンダーは交換、バンパーは修復!バンパーグリルはアミを修正して再塗装、あみの修復が一番難しかったです。

メルセデスベンツ CLSクラス修理

cls フロントバンパー修理 cls フロントバンパー修理

フロントバンパー右側の損傷とアンダーカバーフォグランプの交換修理です。ヘッドライトも微妙におされておりますのでチリ合わせが重要です。



ドイツ車

スウェーデン車

arrow

ドイツ車

韓国車

arrow

ドイツ車

南アフリカ車

arrow


輸入車整備お問い合わせフォーム

【ご連絡先】必須は必須記入項目です
お名前
ふりがな
電話番号
お住まいの地域
メールアドレス

※ご返信先となります。

【お車について】
メーカー名
車種名・グレード
年式(初度登録)
型式
車台番号
車検満了日

(例 年1月1日)

【お問い合わせ内容】
車検・点検・修理をご希望の方
走行距離
Km
輸入形態
【板金修理・塗装希望の方】
ご希望の修理内容
【その他・ご希望の方】
ご希望のメニュー



【自動車保険見積もり希望の方】

※別途問合せフォームにてお問い合わせ下さい。

【お車の状況詳細・自動車販売等】
その他ご希望があればご記入下さい。

関連リンク